新社会人最悪!直属の上司や先輩と相性が合わなすぎる・・・3つの解決する方法とは

新社会人必見!仕事場における先輩・上司とのコミュニケーション!!オリジナルチェックリスト!

新社会人になったばかりで、先輩・上司とのコミュニケーションの取り方がわからないことがあると思います。私も社会人なり立てのころはすごく頭を抱えてました。例えば下記のようなことです。

▽先輩に質問しづらい

▽理解していないのにわかったふりをしてしまう

▽上司がイライラしている

▽たくさん注意されている

▽ある先輩と別の先輩の意見が違うので、採用すべき意見がわからない

▽気の利いた上司の喜ばせ方がわからない

▽無理な笑顔

▽敬語を間違ってしまう

などなどあげたらきりがありませんでした。

そんな新社会人が抱えているこんな悩みを根本から変えていく、

オリジナルチェックリストを作ってみました。ご覧ください。

【どこでも通用するコミュニケーションのチェックリスト】

■コミュニケーションする為のマインドセット

1、先輩、上司も同じ人間という認識を持つ

2、素直に意見を聞く

3、最終的には自分に返ってくるものという認識

■基本コミュニケーションステップ1

4、挨拶をしっかりする

■基本コミュニケーションステップ2

5、声を大きく

6、質問の答えはシンプル

7、目を見て話しを聞く

8、メモを取る

■基本コミュニケーションステップ3

9、言い訳をしない

10、わかったふりをしない

■コミュニケーション円滑する為の訓練

11、会社のビジネス理解

12、自分のミッションの理解

13、先輩の立ち位置の理解

一番上のマインドセットから順番にこなしていくと必ず、武器になります。

当たり前と思われる基礎中の基礎、ここをしっかりやることそれだけでいいのです。

私は今でもこのチェックリストでコミュニケーションに不備が無かったかチェックをしています。

タイトルでは、「先輩・上司とのコミュニケーション」と書きましたが、

実際には、「社会人としてのコミュニケーション」の基礎の確認という意味付けをすることが出来ると思います。

もし、現在コミュニケーションがうまく取れてないなあと感じることがあったら、

今一度基礎の確認をしてみてください。思っていた以上に出来ていないことがわかりますよ。

さて項目を見るだけでもある程度チェックすることが出来ると思いますが・・・

少しピンと来ないなあと思われるかと思います。

次の記事よりチェックリスト一つずつの解説をしていきますので、今あるコミュニケーション力をもっと強力なものにしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。