新社会人のコミュニケーションの基本ステップ1~2

コミュニケーションの取り方を考える上で会社だといつもと違う自分で対応してしまうことがあるかと思います。 基本のコミュニケーションを抑えることがやはり重要です。

基本ステップ1と2では、本当に基本、当たり前だけど出来ていないこともあります。

ざーっと書いていきますので、ご覧ください。

コミュニケーションステップ1~挨拶をしっかりする~
コミュニケーションのはじめは挨拶からと良く言われております。

これは今も昔も変わりません。

・おはようございます。

・お疲れ様でした。

・お先に失礼いたします。

・ありがとうございました。

上記の言葉を声を掛けられて嫌だと思う事はないです。

やりすぎと思われるくらいが丁度良いです。今一度挨拶について出来ているか振り返ってみてください。

コミュニケーションステップ2
・声を大きく

・質問の答えはシンプル

・目を見て話しを聞く

・メモを取る

上記のことも非常に基本的なことです。

各項目ごとで解説をいたします。

「声を大きく」

自信が無いとどうしても声が小さくなってしまいがちです。ただし声が小さくなると相手が何を言っているかわからずイライラさせてしまうことがあります。

自信が無いときには余計に声の大きさいを意識していただければと思います。

「質問の答えはシンプル」

的を射ない回答をだらだらしてしまうことはコミュニケーションする上で非常に問題です。

出来るだけ遠まわしな表現にならないように、文節を区切って返答することが大事です。

質問に対してまずその答えを返答し、その後装飾するということをすると伝わりやすくなります。

「目を見て話しを聞く」

目線を合わせず話をする方が時折いらっしゃいますが、こういった方は恥ずかしいという言い訳をして、コミュニケーションを取ろうとしていません。目は必ず見るようにして

話をすると相手もちゃんと聞いているという形で捉えてもらえます。出来ていない人は意識をして試してみましょう。

「メモを取る」

聞いているという姿勢を見せるという意味合いもあります。しかし、相手の言っている大事なところをメモすることで、忘れずに次回の話をする際のヒントとなります。

メモの重要性はまた別途お話しをしますが、癖つけることが重要です。

以上解説をいたしました。

私も書いていて、基本が出来て無い時もあるなあと思ってしまいました。(笑)

出来ていないことが恥ずかしくなるくらい基本的なことなのに、なぜか出来ていない時があります。コミュニケーションがうまくいっていないなと考えた時には、

一度振り返ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。