転職に必要なものは?~若手社会人編~

就職すると、会社の問題点や不満などがみえてきます。
学生時代の友人と会ったときに、仕事の話も多くなり、隣の芝が青く見えたりするものです。

一昔前までは、「就職したら3年は働け」とよく言われたものですが、働き方が多様化されているこのご時世にはあてはまらないと思います。

就職後に、3年を経ずに転職を希望する人も増えています。
転職には動機が無数にあり、大きく分けると前向きな転職と後ろ向きな転職があります。
前向きな転職とは、「もっとやりたい仕事ができる会社に行きたい」「もっと能力を最大限活用できる会社に行きたい」などの動機があり、後ろ向きな転職には「会社で怒られて憂鬱」「営業に向いていないのでツライ」「人間関係で疲弊している」などがあります。

どのような動機であろうと、転職を考える時、若手社員はとても有利です。現在は転職市場は売り手市場であり、行動に移した人が転職に成功する可能性が高くなっています。

転職の秘訣

若手が転職に成功するための秘訣をお伝えします。

・志望動機は正直に

→志望動機を考えて悩んでいる人がいますが、特定の会社に応募している以上、その時点で志望動機はあるはずです。正直な思いをぶつけましょう。
(本来であれば、転職サイトの一覧から探すのではなく、行きたい会社をピンポイントに探して、その会社名から検索して、求人情報を探すべきです。そうすることにより、志望動機が正直な言葉になります。)

・熱意

→若手社員には、能力よりも熱意と頑張る力を見られています。過去に、仕事で努力した成功体験を話しましょう。そして、仕事の熱意を話しましょう。

・エピソードや経験談は、等身大~2割増し

→面接になると自分を大きく見せたがる人が多いです。ただ、若手社員なんて、実績もたかが知れており、面接官も疑問視しているので、等身大~2割増し程度にしておきましょう。

・前向きな転職であることを強調

→転職には、後ろ向きな転職であるケースは多いのですが、面接では前向きな転職であることを強調しましょう。「前職から逃げてきた」と思われることは大きなマイナスです。

・現職は退職せずに転職活動を行う。

→「前向きな転職であることを強調」することとも大きく密接しますが、「現職にも大きな不満はなく、より働きたい会社に決まれば転職する」というスタンスを強調することにより、「転職に焦っていないこと」、「後ろ向きな転職ではないこと」を伝えることができます。

これらのことを頭に入れて、転職活動をすれば、いい転職ができますよ。
特に若手時代が勝負です。よりよい転職先に早い段階で入社して、そこで「経験」という武器を手に入れることにより、その後の転職にも大きな可能性が出てきます。