仕事ができない人はどんな人だろう?

会社には「優秀」とされている人と「使えない」とされている人がいますよね。

もちろん「優秀」な方に行きたいですよね。「優秀」な人にはなれずとも、「使えない」とは思われたくないですよね?

どういう人が「優秀」で、どういう人が「使えない」のでしょうか。筆者も「優秀」「使えない」それぞれの人を多数見てきましたが、使えない人の特徴を記載します。

 

「使えない人の特徴」

 

・自分の考え方(意思)が確立できていない。

自分の考えや意思が固まっていないと、自分なりの解決策の方向性を見出せません。人の意見に右往左往することになりますが、人の意見に対しても良し悪しが判断できない。最初は経験がないため考え方がまとまっていないこともありますが、自分なりの仮説を持って進めていくことでブレが少なくなりますよ。

 

・健全なコミュニケーションが取れない。

コミュニケーションとは会話であり、キャッチボールです。営業職としてのコミュニケーションとはお客さんとお互いの考えを理解しつつ寄り添っていくことにより、着地点を探っていく必要があります。

例えば、クライアントから課題をヒアリングする際にも、わからない単語や内容が出てきた際にはその内容を聞かないとなりません。でも勇気がなく、わかったふりをして、うやむやにしてしまうと、後々足を引っ張ることになります。

 

・期日を守れない

仕事とは期日との戦いです。期日通りに進まないケースが多々ありますが、その場合は事前にフォローをする必要があります。それを怠けていると人は「使えない」と思われるケースが多いと感じます。

 

・単純にバカ

たまにいますが、「劇的に記憶力がない」、「会話が成り立たない(ずれている)」、「簡単な計算ができない」、「思ったことをなんでも言ってしまう」など、致命的なバカがたまにいます。そういう人は、単純作業をする仕事にいきましょう。

 

これらをクリアして、「使えない」レッテルが貼られないようにしましょうね!