常にベストの仕事をしなくても…いいんです!

会社員は週5日程度、仕事をします。毎日朝から夕方まで働き、夜遅くまで残業する日もあれば、時には休日出勤もします。若手は、学生時代の遊びが中心の生活から一転して、仕事中心の生活になり、疲れてしまうこともあるでしょう。仕事中には、上司や先輩に気を使いながらも、営業であればクライアントのケアをして、ヘトヘトになってしまうでしょう。

 

仕事には多くの業務が発生します。例えば、

・社内用資料の作成

・クライアントへ提出する資料の作成(提案書・見積など)

・メール対応

・電話対応

・社内外の調整

・社内外の打ち合わせの進行

・その他雑務

・社内外の飲み会や、イベントの幹事

など、莫大な業務量が発生していることでしょう。

 

全ての業務に全力を出して、ベストな仕事するのが最高ですが、時間も限られている中で、疲れてしまいますよね。ただ、手抜きをすると、上司やクライアントに怒られるし、バランスが難しいですよね。

 

でも、常にベストの仕事をしなくても、いいんです!

ただ、そのために大事なことがありますので、下に記載します。

 

1.手を抜く部分があっても良いが、「ベストな状態」がどの状態かを理解した上で、「妥協点」を設定する。

2.社内外問わず、相手がある仕事の場合、相手に期待されているレベルを把握する

3.仕事に優先順位をつける(当たり前だけどね)

 

手を抜く部分があっても良いが、「ベストな状態」がどの状態かを理解した上で、「妥協点」を設定する。

 

ベストな仕事をする場合はどこまでかを理解しつつ、妥協点を設定しておかないと、手の抜き方がわからなくなります。

例えば、打ち合わせをする時は、

打ち合わせの「最終ゴール」を理解しつつも、「妥協点」として、「この打ち合わせで、どこまでを決めることができれば、次のステージに進める。」を自分の中では設定しておき、そこまで達成できた場合に、そこまででOKとする。

というのも一つの手の抜き方です。

 

大事なことは「妥協点」の設定です。「妥協点」を見誤ると大失敗します。社内やクライアントからの信頼を損なう危険性がありますので、設定は慎重にしましょう。

事前にコミュニケーションを取って、温度感を探っておくことが大事です。

 

社内外問わず、相手がある仕事の場合、相手に期待されているレベルを把握する

 

前項とも重なりますが、手を抜いても良い「妥協点」を正確に設定する必要があります。

事前にコミュニケーションを取って、温度感を探っておくことが大事です。

クライアントが「レベル3まで提案してほしい」という要望に対して、「レベル2で納得してもらえるか?」を把握しておくことが大事です。

ベストな答えを考えると「レベル3まで提案してほしい」という要望に対しての、「レベル5の提案をする」ことかもしれませんが、手を抜かざるを得ない場合は、どこまでが許容範囲かを把握しましょう。

また、事前のコミュニケーションの中で、ゴール地点のハードルを下げておくというテクニックもあります。(進捗を都度報告しておき、少し厳しい雰囲気を出しておくなど)

 

仕事に優先順位をつける

 

当たり前だ!優先順位がないと、どの業務に妥協するのかの判断ができないぞ!

 

怒られないように、うまく妥協してライフワークバランスを保ちつつ、良い社会人生活を送っていきましょう。