人前で話すのが苦手??それは、気持ちの問題かも

みなさんは、人前で話すのは得意でしょうか?大勢でなくても自分が中心となると一人話していると何を話しているのかわからなくなることってありませんか?

そんなときの話すコツをいくつか紹介いたします。

コツを紹介する前に、原因はなにか?というところを見ていきたいと思います。

原因は主に二つ。

  1. 他人の目を気にしてしまう
  2. 失敗するイメージが頭にある

他人の目を気にしてしまう

他人の目をある程度気にするのは、いいのですが、

反応が薄い、否定の意見が来たらどうしよう

と思うばかり、話すことよりも聞いている人の様子を考えてしまいます。

その為、本来集中するべき発言の内容よりも聞いている人の意見に集中してしまい、

頭がうまく整理ができなくなります。

これによって、追い込まれて何を話していいかわからなくなることがあります。

 失敗するイメージが頭にある                                                                                                            

失敗したら恥ずかしいから失敗したくない。どうしようと思ってしまいます。

そうすると本来、伝えたい自分の言葉ではなく、失敗しないような当たり障りのない言葉を使ってしまいます。

失敗するイメージを持つ事がとにかく、失敗を招いてしまうのです。

 

考え方のコツ

考え過ぎることは、成功から遠ざけてしまいます。

ネガティブに考えると本当にそのようになってしまうので、注意が必要です。

 

ポジティブに考えた方が、、何て言う浅いことは言いません。

 

とにかく頭をリラックスさせることを意識して下さい。

例えば、楽しかったことや安心すること、

癒されること、こういう類いの事を考えてから

その会に参加するのです。

 

実はあまり考え無いようにすることが最高の鍵を握っています。

 

考えるべきは仲が良い友達や家族

 

仲かがいい友達や家族とは、別に緊張し無いですよね。

この緊張の無い感覚をとにかく覚えてください。

 

何となくでやってしまっていることを他でも出来るように覚えておくのです。

 

覚えるポイントは、自分の平常心です。

 

その平常心の感覚を俯瞰してみましょう。

 

最後に言いたいことを

 

色々書いてきましたが、正直緊張は、メンタルによるところが多いのです。

 

焦っていたとしたら、それを客観視してなぜ焦ってるのかを考える癖をつけてください。

 

そして、できる限りゆっくり話すことを心掛けると意外と落ち着いてくるのでおすすめです。

 

普段通りに話せるようにメンタルを調整する

これが出来れば細かいテクニックは必要ありません。

 

考え過ぎず普段通りでリラックスすることを、

心掛けてくださいね。