理由がわからない憂鬱な時にはを呼吸法を変える

みなさん、元気に働いていますか?

仕事は楽しいですか?

 

楽しいこともあれば、いやなことも起きますよね。

 

仕事がいやだなあと思い続けると段々と気が重くなります。

 

そんなことが続いてしまうと、、、、憂鬱になります。

 

でも安心してください!

 

早めに解決していくことがポイントとなります。

 

呼吸法を意識していくことが重要です。

 

大きく息を吸って~吐いて~

 

と深呼吸をしてるんではないでしょうか。

 

それでは、中々うまくいきません。

 

呼吸は吐ききることが大事です。

 

吐ききるのです。

 

気分が落ちているときは、邪気と言われているものが

肺に入っていると意識をしてください。

 

それを吐ききってください。

 

・やり方

肩幅くらいに足を開いて立つ

左手と右手を合わせて輪っかを作る

手は胸の位置にしてください。

 

そうして

輪っかに向かって「ほーー」といっていきを吐いてください。

まだ吐ききれてないので、もう一度吐く。

 

これを合計5回したら、息をすってください。

 

どうでしょうか?新鮮な空気が肺にはいってきませんか。

 

実はこんな簡単なことでも気分は変わってくるんです。

 

新しい空気が入れば、どんどん気分を変わっていきます。

 

まずは、その呼吸を変えたら次にまず行動してみましょう。

 

一つ行動をしてみることで、ものごとは少しずつ進んでいきます。

 

意外と憂鬱の原因って、実は考えすぎていることの方が多いです。

 

”為せば成る”という言葉もあるくらい、シンプルに考えて行動をする

 

これが憂鬱にならない方法の一つです。

 

シンプルに考えるようにするための手法が呼吸法です。

 

こういう風にあなたも日ごろから考えると仕事が進んで気持ち良さは生まれていきますよ。

 

お試しください。