時短術だけ見ると痛い目をみる!みんなずっとは頑張れないよ

このサイト「かくだい」は、実は平日の方が見てくれてる人多いんです!

みなさんも平日の合間で仕事のこと考えて検索とかされてるんではないでしょうか。

 

そう、みんな頑張りすぎです!

 

少しは気を抜くことも大事ですよ。

 

考えるべきは集中時間

 

頑張れないというのは、

集中できる時間に限界があるということなんです。

 

3時間も4時間集中してしまうとその後脳に大きなダメージを与えてしまうので注意してください。

 

休憩も取らずにずっと続けるということがかなり脳にダメージを与えることになってますのでこれについては、注意してください。

 

基本的には集中できる時間は1時間半位と言われております。

 

1週間で連日のように何時間も何時間も残業やまたは集中している時間を過ごしてると、

基本的には休まる時間がないので脳に負担がかかります。

 

その結果、脳が疲労し回復もできないので、集中できる時間が減っていく傾向になります。

 

休むということをお話ししましたか適度な休息が必要です。

特に休憩時間は最低でも15分以上取る方が良いと言われています。

休ませるという本当の意味ですと、スマホから離れていた方が実はストレス解消もできますね。

 

そういうことも知らずに働き続けると最悪の場合鬱になったり、また仕事のスピードが落ちます。

 

仕事のスピードが落ちるという意味は

仕事での拘束時間が増え、

時間当たりの生産量が減るという

 

いわゆる生産性が悪くなるということになります。

 

これは、人によって生産性が低くなる度合いは変わってきます。

 

しかもそのタイミングでは自分の生産性が落ちているかなんて判断ができません。

 

その結果、そういった習慣を繰り返して抜け出せなくなるのです。

 

集中力を高めるには、

 

  • 食事
  • 睡眠
  • 運動

 

の改善が重要です。

 

いずれにしても、

何かしらの余裕が出せないと改善ができない領域です。

 

どうしたらいいのか。

 

こんな状況の時にこんなこと言う人には注意です。

 

仕事の効率が悪いから遅くなるんだよ。

もっと効率良くやらなきゃだよ。

 

意見としてはごもっともです。ですが順番が違います。

 

時短術など学べば今より早くできることはあり、

その結果余裕が生まれていくと言う可能性があります。

 

しかし、その時短術すら受け入れられるキャパが

ないからこうなっているんです。

 

根本は時間を作るにはどうしたらいいかです。

 

答えは簡単です。

 

やる事を増やすならやらないことも増やす。

 

ということです。

 

簡単に言うな!と言われるかもしれません。

 

また言い換えると、

 

自分でやる事を増やすなら、自分でやらない事も増やせが正解です。

 

自分というのが重要で、

他人にある程度任せるというのも含まれています。

 

上司でもいいし、同僚でも、恋人でも、家族でも。

または、クラウドソーシングでも。

 

根本的に自分がやらない仕事を増やさないと今の状況から抜け出す事はなかなか難しいです。

 

まとめです。

 

集中力は、ずっとは続かない

集中できる時間が多いければ、生産性が高まる

集中力を高めるには休息が必要

睡眠、食事、運動の改善が必要

そのためには時間がないと難しい

 

時間を作るにはまず

やらない事を増やす

他人に任せる事も考える

 

こんな事意識すればあなたも時間に余裕が生まれます。

今から出来ることをやってみよう。