営業手法!クライアントとのコミュニケーション(確認)は電話とSMSを活用すべし

営業職はクライアントとのコミュニケーションが業務のメインとなります。

「対面での打ち合わせ」、「電話」、「メール」などを活用して、クライアントの要望を解決していくこととなります。

ただ、有限の時間の中で、業務をこなさないとならず、効率良く業務をしなければなりません。

案件を推進していく上では、クライアントに「確認」しなければならないことが多数出てきます。確認をする上で、時間効率が良い順に並べるとどうなるでしょうか。

基本的には「電話」→「メール」→「対面での打ち合わせ」の順番になります。

 

クライアントが社内に持ち帰る必要がなく、その場で答えられるであろう「確認」については、できる限り「電話」で行うべきです。

※一度クライアントが社内に持ち帰る必要がある「確認」についてはメールで行ったほうが良いです。なぜなら、目で確認しないものはリマインドの機能が弱くなり、忘れられてしまうこともあるからです。

 

また、電話を嫌がるクライアントもいますが、それはそもそもあなたがクライアントとの良好な関係が作れていないから「あなたと電話すること」を嫌がられているだけです。

もうそうなっていたら危ういです。そのままだと出禁になるかもしれないよ!

 

電話で声を通してコミュニケーションをとることは、メールよりも人間関係も近くなりますので、良好な関係を作るのにも、電話は有効です。

本来は「対面での打ち合わせ」が最も確認も良好な関係を作るのも適していますが、効率が悪いので、要所要所で織り交ぜながらコミュニケーションを取りましょう。

 

また、テクニックとしてSMSを活用することも有効です。

SMSは電話番号さえわかっていれば送ることができるため、ハードルが低いコミュニケーションとなります。

電話に出なかった場合の簡単な確認事項を確認する時や、メールを送った後のフォローなど、要所で使うとクライアントとのコミュニケーションが円滑になり、クライアントとの距離を詰める意味でも有効です。

ただ、中には「失礼だ!」と感じる堅物オヤジ(堅物ババア?)人もいますので、SMSを送る際は文面にまず「携帯までご連絡して申し訳ありません。」を入れつつ、送っても大丈夫な人かは見極めてください。